カメラの「価値」って何?

2022.04.06

皆さんこんにちは。

EZO CAMERAスタッフの大江です。

日々、お客様には様々なカメラとの出会いを体験させていただき、感謝感謝の毎日です。

お客様にとってのカメラの価値について、先日思ったことがございましたので簡単ではございますがブログに書かせていただきます。

どのようなカメラが「価値があるカメラ」なのでしょうか

仕事中の同僚との会話

とある日、グループ会社の同僚との会話で、同僚がお父様から譲り受けたカメラの話になり、買い取るとしたらどのくらいの金額なの?とのことでおおよその買取金額を提示したところ

同僚「え?こんなに安いの?あーじゃあ価値のないものだったんですね。

というやり取りがありました。

そちらのカメラはどうやらお父様の遺品とのことでしたが、私は少しのモヤっと感を覚えてしまいました。

そもそもカメラの価値とはどうやって決まるのか。

当店の基準についてお話ししたいと思います。

カメラの価値ってどうやって決まるの?

カメラの価値はどのような基準で決まるのでしょうか?

当店では主に

動作状態

外観や内部の清掃、劣化状態

希少性

などをもとに査定額を算定し、お客様に金額を提示させていただいております。

いずれもカメラに関する知識が乏しいと正しい判断ができませんから、特に動作状況などは、私自身もまだまだ未熟ですので、お買取りを通してお客様に教えていただいた、ということも多々ございます。

動作状況については文字通り、カメラが動作するかどうかということなのですが、その動作が正常なのかどうか、本来の性能を発揮できているのかどうか、後々のメンテナンスが必要になるものかなどを判断することになります。

動作状況のチェックはカメラ査定の要です。

外観や内部の清掃、劣化状態については、外観の汚れが取り切れるものなのか、貼り革やゴムなどの部材が劣化していないか、カメラ内部の汚れ、油にじみ、遮光用モルトの劣化など様々な面から、のちに当店でメンテナンスが可能なのか、外注をしなければいけない程度なのかも判断して、査定額を算定いたします。

レンズであれば光学ガラス内のカビやクモリなども査定に大きな影響があります。

希少性については、そのカメラは生産された時代においてどの程度の立ち位置だったのか、どれほど生産されていたのか、希少なロットではないのかなど複合的に判断した基準になります。

MINOLTA PROD 20‘S
2万台限定で販売された記念機種。現在でも中古相場はそれなりに高いです。

このように、カメラの査定にはこのような基準を設けて査定をさせていただいております。

が!もう一つカメラの中古売買をするにあたって大切な項目がございます。

それは

市場価値の判断

です。

当然のことですが、カメラはもちろん多くの商品は「欲しい人」がいるから、商品が流通し、我々のような中古業者もそれを生業とすることが出来ます。

カメラも当然、そのカメラを「欲しい人」がどれだけいるか、ということで市場価値が決まっていきます。いわゆる「相場」というやつです。

売れる値段がいくらなのか、ということをもとに当店をはじめとした古物を取り扱うお店は買取をしていますので、どうしても買取価格には上限というものがついて回ります。

 

カメラをお買取りするにあたっては以上のような要素が絡み合い、査定額を算出しております。

カメラユーザーにとっての「価値」とは

さて、冒頭の同僚とのやり取りで私は反射的に同僚に「価値がないってなんですか?」と問いかけてしまいました。

同僚はもちろん「市場価値」について話していたのですが、私はそのカメラが「お父様から譲り受けたカメラ」という点において、少しその発言にモヤっとしてしまいました。

同僚本人にとっては、思い入れも特になく、ただカメラというものの価値を知ってそのような感想に至ったのかもしれませんが、カメラ好きな私としてはどのようなカメラでも、あるものはその人の仕事での役割を。あるいは家族の時間を切り取り、あるいは鑑賞用として持ち主の日常を彩った瞬間があったと思うのです。

当然、そのカメラにどんなエピソードがあるかによって査定額に変動が出るということはないのですが、カメラを愛する者の一人として、カメラを単純に価格がつかないということでないがしろにされてしまうのは悲しいことだなと感じて、ブログに書かせていただく運びとなりました。

どのようなカメラでも、必ず物語があると私は思っています。

私は査定に伺った際、そのカメラを使ってどのような場所に行ってどんな写真を撮っていたのかなど、エピソードを聞き取るのがひそかな楽しみです。

それが遺品の場合には、故人がそのカメラでどんな風景を見てきたかに思いをはせることもあります。

前オーナー様がどんな人だったかなど次のユーザー様にお話しすることは絶対にないのですが、大切なカメラをしっかりと受け取り、そのオーナー様の元では役割を終えたカメラに、新たな役割を与えることがカメラ店としての使命だと思って仕事をしております。

大切なカメラを大切にお預かりし、次に大切にしてくれるお客様への橋渡しをする、私たちEZO CAMERAの目標でありポリシーです。

古いカメラに新たな風景を記録する役割を与えられたらカメラ屋としては嬉しい限りです。

あなたの大切なカメラはぜひ、エゾカメラへ。

出張買取、店頭での買取はいずれも随時受け付けております。

あなたの大切なカメラのエピソードをぜひお聞かせください。

公式SNSでも情報随時更新中ですのでぜひご覧ください!

EZOCAMERA公式Twitterはこちら

EZOCAMERA公式インスタグラムはこちら

査定は便利なLINE査定もぜひご利用ください!

LINE査定はこちら

札幌中古カメラ専門店

EZO CAMERA (エゾカメラ)

TEL:0120-978-110

営業時間:10時~19時

年中無休※年末年始を除く

ページ最上部へ