どうして「今、フィルムカメラ」なのか?

2020.12.14

みなさんこんにちは!

カメラ買取のEZO CAMERA、スタッフの大江です。

みなさん、フィルムカメラ使ってますか?カメラで思い出を残していますか?

今は、スマートフォンをお使いの方が圧倒的に多いと思いますが、私は「今、フィルムカメラ」を推したいです。

はじめてのフィルムカメラ教室での一枚。イベントは私たちの「想い」を伝える場でもあると思っています。

スマートフォンは便利、高機能!だけど…

皆さんお使いになっているスマートフォンはめまぐるしいほどのスピードで進化しており

・便利 ・いつでも撮れる ・画質がきれい

が当たり前になっていますね。

また最近ではSNSにアップすることが大前提で、それが素早く行えるのが一番のアドバンテージでしょう。

画質もきれいで、正直パッと見ただけではカメラで撮ったものとわからないことも多いのが現状です。

スマートフォンで撮影したクリスマスツリー。サッと出してサッと撮れるのは強みですね。

HUAWEI P20 Pro

じゃあデジタルカメラの良いところって?

デジタルカメラがスマートフォンよりも優れている点としては

・レンズ交換で幅広い表現が可能 ・センサーサイズによる大きなボケや高感度への強さや画質の高さ ・シャッタースピード、絞りなど、意図した仕上がりを撮影時に追い込める

といった点で、スマートフォンにはなかなかできないシャッタースピードや絞りの調節による表現が可能ですし、交換レンズによる広角~超望遠までの画角の広さは、スマートフォンではとても真似できません。

また、各種編集ソフトもデジタルカメラの存在意義を高めてくれています。

意図した仕上がりに、だれでもPC上で調整を加えられ、データ管理も容易であることは、写真を楽しむ人にはとても便利であることがわかります。

コンパクトデジタルカメラのジャンルでもAPS-Cサイズやフルサイズのものもあり、侮れない機種が多いことも魅力の一つです。

望遠レンズで捉える動物園での一コマ。スマホでは撮れない写真です。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f4D

スマホ、デジカメにフィルムカメラが勝っているところなんてあるの…?

これは断言できます。スマホ、デジカメにフィルムカメラが便利さや機能で勝っていることはありません。

デジカメには画質や、感度、撮影枚数で、スマホにも画質や便利さでは比べるべくもなく…

そりゃそうですよね。

決まった枚数しか撮れない、フィルムを装填し、撮り終わったら巻き上げ、現像に出し、SNSに上げるためにはデータをもらいスマホやPCを介さなければいけない…

こんな手間の掛かることを、いったいなぜわざわざ選択しなきゃならないのか?

 

 

と、悪いことを書いているようですが、答えは簡単です。

 

楽しいから。

 

根も葉も無いじゃないかといわれるかもしれませんが、この言葉がやはり一番しっくりときます。

思い通りに撮れた時の嬉しさは格別です。

Nikon F2 + Auto 55mm F1.2 + FUJI Venus 800

手間を愉しむ

なぜ「楽しい」のか?理由を私なりに考えてみました。

 

想像してみてください。

 

インスタントコーヒーよりも、豆から挽いたコーヒーの香り高さ…

家で聞くCDよりも、苦労してチケットを取って行った大好きなミュージシャンのライブを見たときの高揚感…

 

手間をかけた分、気分的なものも上乗せされて普段よりおいしく、楽しく感じることってありませんか?

 

フィルムカメラはさっき書いた通り手間がかかります。

 

自分でフィルムを選び

ボディに装填して

光を読み、シャッタースピードと絞りを設定して

慎重にシャッターを切る

 

フィルムは多くて36枚(ハーフサイズは倍ですが)。

被写体を吟味して撮らなければあっという間に撮り終わってしまいます。

一枚一枚にしっかりと思いを乗せてシャッターを切る…

 

まるで職人になった気分です。

 

 

 

なんてことを書くと、「堅くて難しい趣味」だなんて思われてしまいそうですね(笑)

ただ、とにかく手間をかけて出来上がった写真はとても素敵なものだというのは本当です。

現像してプリントが出来上がるまでは、うまく撮れてるかな~とか、予想外の一枚がないかな~とか、思いを馳せる時間になります。

デジタルやスマホは撮ったらすぐに結果がわかります。

そして気に入らなければすぐに削除出来てしまいますし、なによりスマホの中のデータって見返すことはあっても、なかなか写真にすることは少ないと思います。

フィルム写真は、現像時に同時プリントを頼めば、ネガに収められた写真が、しっかりと印画紙に焼き付けられて手元にやってきます。

 

これってすごく贅沢な時間だと思いませんか?

私はフィルムカメラの魅力を説明するときは、「贅沢だ」という言葉を使います。

 

写真を撮るために割いた時間。シャッターを切るために設定に頭を悩ませる時間。現像を待つ間にかける時間。

 

贅沢に時間を使っている瞬間です。

それも誰のためでもない自分のための時間が、フィルムカメラを持ち、使うことによって作られていくんです。

フィルムと印画紙。インクジェットではなく、科学的に焼き付けられた写真の美しさがあります。

フィルムカメラにかかるコスト

今、フィルムカメラはちょっとしたブームとなっていて、日本国内でも芸能人の星野源さんや、ミュージシャンの山口一郎さん(サカナクション)、海外でも韓国の大人気アイドル「BTS」のメンバーもフィルムカメラを楽しんでいる様子がわかります。

そういった人たちが使っているから!とか、単純におしゃれ、可愛い写真が撮れてSNSで映える!などの理由から始められる方も多いです。

そういった観点から写真の面白さを見つけていくのも私はすごくいいなぁと思うのです。

 

フィルムカメラを始めたい人がよく気にするのがどのくらいのコストがかかるんだろう?ということでしょうか。

 

フィルムは現在1本1,000円前後。

現像、同時プリントは現像所によりますがカラーネガの36枚撮りで大体2,000~2,500円

合計3,000~3,500円程度が一本当たりのコストとなります。

高いな~と思われるでしょうか?

でも、36枚撮りフィルムを一日一枚シャッターを切ると、大体一か月で撮り終わります。

一日に大切な一枚を写真に収め、月の最後に現像、プリントしてその月を思い出す…アルバムにしまってもいいし、月替わりでコルクボードにお気に入りの写真を飾ったり…

スマホだと流れてしまいがちな一か月の記録が次の一か月の生活を彩ってくれたら、とても素敵ですね!

そんな使い方でも、フィルムカメラなら「ちょうどいい」と思わせてくれます。

月に3,000円程度と考えると、趣味としてはすごーく妥当な金額だと思いませんか?

一瞬の光と影をフィルムに焼き付ける

 

 

現在、世の中は新型コロナウィルスによって、物理的にも精神的にも、かつてないほど人との距離を取って生活を送ることが多くなっています。

自分一人の時間が増えているのではないでしょうか。

自分一人の時間はもちろん、家族やパートナーとの大切な時間を、手間をかけてぜひフィルムカメラで残しませんか?

 

 

こんな時代だからこそ「今、フィルムカメラ」を。

 

 

 

 

 

EZO CAMERAではフィルムカメラをより多くの人に使ってもらいたいという思いで、カメラを大切に買取しています。

私たちのカメラ買取は、誰かの大切な思い出の架け橋です。

カメラ買取はEZO CAMERAをぜひご利用ください。

札幌市内は出張無料。ぜひご利用ください!

また、査定依頼はLINE@が便利です!

→LINE友達登録はこちらのページから←

札幌中古カメラ買取専門

EZO CAMERA (エゾカメラ)

TEL:0120-978-110

営業時間:10時~19時

年中無休※年末年始を除く

  • 電話受付 10:00-19:00 年中無休(年末年始を除く)
  • メールでの見積もり依頼はこちら

古物商 第101020001914

税込1万円以上のお買取の場合は、
身分証のご提示が必要になります。

Copyright (c) EZO CAMERA.
All Rights Reserved.

ページ最上部へ