私達の使命の1つと考えています

日本のカメラを世界の市場に1台でも多く戻す事が

田中 俊
SHUN TANAKA
SHUN TANAKA profile

1982年生まれ。江別市出身。サービス業歴10年。
フォトマスター検定2級、リユース検定保持。
カメラ以外の趣味は映画鑑賞、ショッピング、サッカー、犬好き。
愛用カメラはNikon Df x 20mm f1.8レンズ。
営業職を経てリサイクルショップ店長、販売統括責任者を歴任。海外市場に興味があり、エゾカメラを立ち上げる。
長年リユース業界で研鑽を積み、確かな目でカメラを査定することに定評がある。
カメラ以外の買取りにも強く、オールマイティな査定が強み。

interview
カメラの魅力は何だと思いますか?

カメラそのものの造形物としてのデザイン性やメカニカルな機構はもちろんですが、カメラが奏でるシャッター音にも魅了されていますね。
また、自分だけの価値観をカメラを通して自由に表現できる事も素敵だと思っています。
カメラを片手に被写体を探す事は、普段何気なく過ごしている日常に新たな息吹を与えてくれる大切な時間です。

愛用しているカメラを教えてください。

スナップを撮影するときは、フィルムカメラのNIKON FフォトミックやRICOH GR1で。北海道の風景や街並みを撮影するときは、デジタルカメラの、NIKON Dfに20mm広角レンズを使って遊んでいます。

EZO
休日の過ごし方を教えてください。

休日はなるべく自宅にこもらずに、カメラを持って外に出掛けています。ファインダーを通して見ると、いつもの風景も変わって見えるので楽しいですね。
仕事で色々な土地を訪れる事も多く、カメラは肌身離さず持ち歩いているので、どんな時もカメラと一緒かもしれません。
仕事も遊びもカメラを中心に楽しんでいます。

お客様との会話で印象に残っていることはありますか?

数年前に他界されたお父様が、生前大切に使われていたカメラの査定をさせていただいたときの会話が印象に残っています。そのお客様は正直なところ売却を迷っていたそうです。

僕らが大切にしていることの1つに、”カメラの価値を世界で1番感じて大切に使ってくれる方に届ける橋渡し役でありたい”という想いがあります。

なのでお客様には正直にその事を伝えて1台のカメラを残して他のカメラは全てお買取させて頂く事を提案させて頂きました。
1台残したのは、故人が大事に使われてきたカメラをお客様ご自身が引き継いで今後の趣味の1つとしてカメラを始めてみる事を勧めたのです。
お客様は、すっきりした様子で『田中さんに言われて決心がつきました』と売却を決めてくれました。
さらに嬉しかったのは売却して得たお金で私にカメラを本気で教えて欲しいとお願いをされた事です。

CAMERA
今後、どのようなカメラ・お客様と出会いたいですか?

日本には世界中の人々が求めているカメラが沢山眠っています。日本のカメラを世界の市場に1台でも多く戻す事が私達の使命の1つと考えます。

私達はカメラを通して沢山のお客様に出会いたいです。

ぜひお客様のカメラに対する想いをお聞かせください。

EZOCAMERAの強みを教えてください。

私達は年間1000台以上の中古カメラやレンズを世界中のお客様に販売しておりますので本当の価値を見い出せます。

フォトマスター検定の資格を持った本当にカメラが好きなスタッフが揃ってますのでカメラに関する事でしたら何でもお任せ下さい。
お取引に関しましてもリユース協会認定の査定員で構成されておりますのでご安心してお取引させて頂けます。

また札幌近郊でカメラ撮影会等のイベントを行って少しでも多くの方にカメラの魅力をエゾカメラを通じて発信していきたいです。

  • 電話受付 10:00-19:00 年中無休(年末年始を除く)
  • メールでの見積もり依頼はこちら

古物商 第101020001914

税込1万円以上のお買取の場合は、
身分証のご提示が必要になります。

Copyright (c) EZO CAMERA.
All Rights Reserved.

ページ最上部へ