新たな世界を記録する役割を与えていけたら

歴史あるカメラにどんどん出会って

大江 大
DAI OE

DAI OE profile

1988年生まれ。日高郡新ひだか町出身。
カメラ歴10年。フォトマスター検定1級、リユース検定、剣道三段保持。
カメラ以外の趣味はサウナと野鳥観察。
愛用カメラはNikon D500、F、F2、Kowa SIX他多数。
娘の誕生とともにカメラを始め、のめり込む。公務員として10年間務めた後、あこがれだったカメラ販売職に就くため転職。
現在も家族写真のほか、野鳥撮影をメインにスナップや風景写真など幅広く撮影。
デジタル、フィルム問わず様々なカメラを使用して撮影している。
カメラ関係イベントなど、様々な企画を通し、札幌の写真文化を盛り上げようと画策中。

interview
カメラの魅力は何だと思いますか?

私はこの仕事に就く前からカメラが趣味なんです。
長女が生まれた時に思い出をきれいに残したいと思ったことがきっかけで、最初は小さなデジタルカメラを購入しました。
でも最初は全然きれいに撮れなくて、撮り方や必要な機材をいろいろ調べていくうちに、気が付いたらフィルムを含めたカメラがどんどん増えていました(笑)
そういう趣味としての奥深さとか、モノとしての完成度の高さを味わうには、最高のコンテンツだと思います。
堅苦しく話してますが、特にフィルムカメラは、今現在ちょっとしたブームになっていて、若い人には新鮮に映っているんだと思います。
思い出や、瞬間瞬間を残していくということができるのが一番の魅力だと思います。

愛用しているカメラを教えてください。

カメラはたくさん持っているのですが、デジタルカメラはNikon D500、フィルムカメラはNikon F2とKowa SIXを主に愛用しています。
デジタルカメラは主に望遠レンズを取り付けて野鳥の撮影に使用していますね。
フィルムカメラは普段持ち歩いて、気になった風景を撮影したり、家族との時間を残すように心がけています、
最近はデジタルではなくてフィルムカメラの出番が多いですね。
フィルムカメラは設定も自分でしなければきちんと写らないため、一枚一枚しっかりとその場面に向き合って撮影できるような気がします。
ですので大事な時ほどフィルムカメラを取り出します。
どうしても失敗できないときはデジタルを使いますが(笑)

EZO
休日の過ごし方を教えてください。

休日は基本的に家族と過ごすことが多いですが、時々時間を作って野鳥や夜景を撮りに行ったりすることがあります。
一人の時間にじっくりと自然や風景と向き合うのがいいリフレッシュになっています。
野鳥がそばに寄って来たりしてくれた時には、うれしくてかなりシャッターを切ってしまいますね。

お客様との会話で印象に残っていることはありますか?

実際に買い取らせていただくカメラで撮った写真を見せていただく機会があり、ご家族の大切な写真を撮ってきたカメラを私たちに売却していただけるということが、とても光栄なことだと感じました。
その後、実際にそのカメラを買ってくれた海外のお客様がそのカメラで撮った写真をSNSに投稿してくれて、カメラの橋渡し役となれた実感がありましたね。
大切な時間を撮り終えたカメラが新たなお客様の手にわたり、また違った瞬間を記録していく、と考えるととてもロマンのある話だと思いませんか?

CAMERA
今後、どのようなカメラ・お客様と出会いたいですか?

たくさんのカメラ好きのお客様はもちろん、カメラをこれから始めたいと考えている方にも出会いたいです。
なので、出会える場をどんどん作っていきたいと考えています。

とても希少なカメラに出会えることはもちろん楽しみなのですが、何よりカメラを大切にしてきたお客様ご自身や、お客様との歴史を収めてきたカメラにどんどん出会って、そのカメラに新たな世界を記録する役割を与えていけたらと思います。

EZOCAMERAの強みを教えてください。

EZOCAMERAは老舗のカメラ店ひしめく札幌に新たにオープンした若いカメラ店ですが、私のフォトマスター検定1級取得をはじめ、スタッフ一同日々勉強を重ねています。

ですので、しっかりとした知識を持って正確に査定できることが一番の強みです。

培った知識を生かして、昨年はカメラ初心者の方向けにイベントを開催したりもしています。
これからの北海道の写真文化の一翼を担っていけたらと考えています。

  • 電話受付 10:00-19:00 年中無休(年末年始を除く)
  • メールでの見積もり依頼はこちら

古物商 第101020001914

税込1万円以上のお買取の場合は、
身分証のご提示が必要になります。

Copyright (c) EZO CAMERA.
All Rights Reserved.

ページ最上部へ