札幌フィルムカメラライフ その1「札幌菊水写真現像所」

2020.07.01

EZO CAMERAスタッフの大江です。

 

日に日に強くなる陽射しが、夏の訪れを感じさせますね。

夏のイベントは中止が多いですが、だからこそ、個人で楽しむ趣味の出番です。

ということで、皆さんフィルムカメラライフを楽しんでいますか?

すでに楽しんでいる方も、これから始めてみたいと考えている方も、フィルムカメラライフを札幌で楽しむための情報を発信していきます。

 

今回はその第1回

 

皆さん、フィルムの現像はどのようにしている、もしくは始めるとしたらどのようにしようとお考えでしょうか?

 

札幌でフィルムを現像するなら、札幌市白石区菊水の住宅街にある隠れ家的なお店「札幌菊水写真現像所」がおすすめ。

我々EZO CAMERAのスタッフも利用させてもらっています。

 

「マッキナフォト」は旧屋号。現在は「札幌菊水写真現像所」として稼働中だ。

札幌菊水写真現像所(以下「菊水現像所」)は、店主の橋口義大さんが営む「写真屋さん」

橋口さんはカメラ修理や写真館での勤務経験を経て写真店「マッキナフォト」を中央区に出店。

今春から拠点を現在の場所に移し、スタジオマン、カメラマンとして精力的に活動をされています。

店主の橋口さん。気さくな人柄の一方、写真に真摯に向き合う職人気質。

自転車やバイクなど、多彩な趣味人の一面も。

 

店内は落ち着いた雰囲気で、フィルムやレトロなカメラ、ガレージにはバイクなど、随所に橋口さんの趣味人な一面を見ることが出来る。

 

懐かしいフジカラーのショーケース!他にも昔ながらの写真店にあったであろう小物がいっぱい!

 

撮影業務としては現像所内スタジオでの記念写真の他、出張撮影、コマーシャルフォトなども行っているので、気になる方は「札幌菊水写真現像所」で検索を。

 

菊水現像所ではデジタルの他、今では珍しいフィルムでの記念撮影も行っている。フィルムならではの風合いの記念写真はきっと特別な一枚になるはずだ。

 

橋口さんのもう一つの顔が写真現像の「プロラボマン」。

現像所の名の通り、ここでは持ち込みでのフィルム現像の他、郵送での写真現像も受け付けている。(郵送での現像受付は前身のマッキナフォトが初なんだとか)

菊水現像所のラボ。今では貴重なクリエイトも橋口さん自身でメンテナンスを行って大切に稼働している。

 

菊水現像所では橋口さんがすべての作業を行う。

現像機で現像されたフィルムは、一コマずつ橋口さんの手によって適切な補正がされ、プリントされる。

もちろん「明るめで」「少し青っぽく」などの要望にも丁寧に応えてくれる。

「渋い雰囲気で」「柔らかめで」など、曖昧な要望でもプロラボマンはしっかりと応えてくれるので、気楽に相談して作品を作り上げる事ができるのが魅力だ。

受付してから出来上がりまでは最短約20分。

USBメモリを持参すれば追加料金でデータも受け取ることが出来る。

データのみの依頼も可能だが、菊水現像所ではプリントすることをおすすめしている。

プリントした写真。1コマごとに橋口さんの手が加わり、素敵な仕上がりになっている。

フチあり、フチなし、用紙は光沢、マットから選ぶことが出来る。もちろん引き伸ばしプリントもOK。

私は菊水現像所のフチありマット仕上げを初めて手にしたときから、写真はプリントして楽しむものだと再認識して以来、必ずプリントをお願いしている。

フィルムは35mm、ブローニーが対応可能だ。

 

菊水現像所のすごいところはまだある。

札幌で現像を受け付けている写真店では、おそらく唯一モノクロ写真の現像を自家で行っているのだ。

ラボに併設された暗室で、手作業で現像を行う。引き伸ばし機でのプリントも今ではめったに見られない光景だ。

時間と忙しさにもよるが、最短なら当日で受け取ることが出来る。この早さは大手のカメラショップでも太刀打ちできない。

 

また、不定期で写真教室や、暗室体験をすることが出来るワークショップなども開催されている。

店舗のツイッター、インスタグラムで随時情報発信されているので、チェックしてみるといいだろう。

 

さらに橋口さんはカメラ修理の経験も豊富で、修理も対応可能とのこと。

特に機械式カメラは相談してみるとカメラの不調が解消できるかもしれない。

 

このように、デジタル主流の現代において、フィルム写真を楽しみたい人を大いにサポートしてくれるのが札幌菊水写真現像所だ。

フィルム1本でも快く受付してくれる。

行ってみたいという方は「忙しいと現像所にいない場合があるので、気軽に電話で確認してから来店してください。店舗前のラックに自転車が掛かっていたら中にいます(笑)」とのこと。

店舗前にて「ここに自転車が掛かっていたら中にいますよ」と橋口さん。

 

住所と電話番号はこちら↓

「札幌菊水写真現像所」

住所:北海道札幌市白石区菊水7条3丁目1-15

電話:090-7511-6480(橋口さん直通)

 

フィルムカメラに精通していてもちろんカメラも大好きな橋口さん。

我々も一緒にフィルムカメラを盛り上げていきたいと思わせてくれる、そんな素敵なお店です。

初心者の方も大歓迎!

みなさんもとっておきの一枚をとっておきのお店で現像、プリントしてみてはいかがでしょうか?

きっとフィルム写真がもっと好きになります。

 

 

EZO CAMERAではカメラ買取を随時受付中です。

買い替え、デジタルからフィルムへの変更をご検討の方も、カメラ買取で力になります。

是非お問い合わせください。

買取査定はLINE@でかんたん!

→LINE友だち追加はこちらのページから←

ぜひご利用ください。

 

札幌中古カメラ買取専門

EZO CAMERA (エゾカメラ)

TEL:0120-978-110

営業時間:10時~19時

年中無休※年末年始を除く

 

  • 電話受付 10:00-19:00 年中無休(年末年始を除く)
  • メールでの見積もり依頼はこちら

古物商 第101020001914

税込1万円以上のお買取の場合は、
身分証のご提示が必要になります。

Copyright (c) EZO CAMERA.
All Rights Reserved.

ページ最上部へ